京都府

万都の葉

万都の葉

パリパリ皮が美味しく楽しい組み立て式モナカ!

京都の有名なお菓子屋さん『鼓月』さんにも”組み立て式モナカ”がありました。万都の葉(まつのは)と読むようです。

万都の葉のパッケージ外観

モナカの皮の包装と中に入れる餡の包装が抱き合わせてあり、くるっと紙で包まれています。

万都の葉の餡とモナカの個包装

こんな感じで個々に包装されていますが、くれぐれも別々に食べてはいけません。これから組み立ててモナカにしていきます。

モナカの皮は上下2枚

板状のモナカの皮を台形の皿ようにした形のものが2枚。まさに”吹けば飛ぶ”といったくらい軽くて繊細です。

餡はつぶあんの羊羹タイプのよう

餡の方はつぶあんを練って固めたものがパウチされています。美味しそうでこのまま食べてしまいそうです。

餡を乗せてモナカを作る

モナカの皮にちょこんと餡を乗せて、

手作りモナカ完成

もう一枚を上から乗せれば出来上がり。

万都の葉を食べてみた

言わずもがなですが、モナカの皮がパリパリ。そして何よりも小倉餡が美味しいです。さすが老舗の作った高級小倉餡、大納言小豆の威力を感じます。自分で作るモナカ、気軽に出来て楽しいのも良いですね。

6個入り:1,242円(税込)

京都府のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する