大分県

ざびえる

ざびえる

大分の和と洋の融合が織りなすお菓子

大分県大分市の『ざびえる本舗』さんが作る『ざびえる』は大分土産としてとても人気のお菓子ですが、「長久堂」さんが作ったのが始まりで、その後「ざびえる本舗」さんに引き継がれ復活されたそうです。

ざびえるの個包装

ところで「ざびえる」という商品名について…食べてみて気づきました。キリスト教を日本に伝えた「フランシスコ・ザビエル」、和洋折衷のお菓子「ざびえる」。和と洋の融合という意味から商品名がつけられているんですね、なるほどです。箱のデザインは聖書をイメージしているそうですよ。黒い箱が印象的ですね。

 

ざびえる一個の見た目

袋から出してみた感じは洋菓子のようです。

ざびえるの断面

和洋折衷のお菓子の中はこんな感じです。クッキーのような生地の中に白餡が入っていて確かに和と洋ですね。

ざびえるを食べる

食べてみると、確かにお茶にもコーヒーや紅茶にも合いそうです。おすすめは、オーブントースターで温めて出来立ての味のようにして食べること!外側の生地がサクサク、中の白餡がしっとり甘く美味しかったですよ。ちなみに、中身は白餡のものと、ラムレーズン入りの白餡のものがあってラムレーズン入りも美味しかったです。

6個入:745円(税込)

大分県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する