茨城県

天満月(あまみつき)

天満月(あまみつき)

黄身餡+チョコレート生地=合います。

月が描かれた四角いボックス。詩が書いてあります。

天満月(あまみつき)の外箱

『澄んだ夜空に ぽっかりと たまごのような お月さま うさぐ見惚れる あまみつき』

なるほど最後のフレーズはおまんじゅうの名前で締めくくり。たまごという単語がなにやら味にも関係ありそうです。

天満月(あまみつき)を開封

箱から出すと、パッケージと同色のおまんじゅうが出てきました。

天満月(あまみつき)の中身

出ました。茶色い皮はチョコレートの生地のような香りです。サイズのわりに結構ずっしりした感じ。

金箔が乗せられている

金箔が散らしてあります。ゴージャスですね。

天満月(あまみつき)を半分に割ってみた

割ってみると鮮やかな黄色い餡が見えました。お月さまに見立てた黄身餡ですね。チョコレート色の皮と黄身餡のコントラストが鮮やかです。

天満月(あまみつき)一口で食べる

皮もしっかりとチョコ―レート風味があり、中の黄身餡はカスタードのような風味もありで、おまんじゅうですが洋菓子にも似た味わいを感じました。

5個入り:972円(税込)より

茨城県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する