愛媛県

生母恵夢

ポエム好きは一度お試しを!生の質感の母恵夢

愛媛県の有名銘菓”母恵夢”にはいろいろな種類があるのですが、なんと今回は『生母恵夢』ということで、かなり食感やコンセプトも違うお菓子になっています。

母恵夢といえば焼き菓子という認識でしたが、これはかなり風合いが違います。ちょこんとケースに佇んでおり、一口サイズです。

外側もしっとりとした質感。バターの香りが豊かに香る黄味餡を丸めたといった感じ。公式HPの紹介文を見ると鳴門金時をベースに愛媛県産のみかん果汁で卵色に仕立てた生地で作られているということです。

爪楊枝で簡単に半分にできました。全体的にかなり柔らかく、まるで練り切りのお菓子といった感じすらします。和菓子的なルックスですが、母恵夢は洋菓子のはず、と思いながら食べてみます。

食べてみるとさすが”母恵夢”の味わい。バターの香りがふんだんにし、卵の味わいがする餡がどこか洋菓子のような感じです。生母恵夢というのはこの質感のことを表しているのですね。焼き菓子の母恵夢とはまた一味違った贅沢で芳醇な味わいとなってました。いろんなバージョンの母恵夢があって面白いですね。

1個:162円(税込)

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する