岩手県

三代杉

三代杉

パッケージデザインとのギャップがすごい。

三大杉と聞くと個人的には屋久島の大杉を連想してしまうのですが、こちらは岩手県のフルールきくやさんが作るお菓子です。お菓子の名前がなぜ三大杉かというと「岩手県平泉町にある中尊寺の本堂脇に、根の繋がった三本の大杉があるということで、これを栄華を誇った奥州藤原三代氏に見立てたもの」ということです。

三代杉パッケージ

墨画で描かれたパッケージ、渋いですね。この時はパッケージの基調から伝統的な和菓子かと思っていたのですが、後ほど意外な結果が待っておりました。

 

三代杉開封すると

和紙に包まれたお菓子が出てきました。厳かな感じです。

 

三代杉横からズーム

開封すると、あれ外側の生地はクッキーっぽいぞ。

三代杉の断面

2つに割ってみると、中にはチョコレートクリームで外側をくるんでいたのは、なんとバウムクーヘン!

すごいトリッキーな構造です。しかも最初は伝統的な和菓子をイメージしていたのですが、いざ開けてみると洋菓子の素材が集結して構成されています。

三代杉サイズ感

ハイカラです。濃厚なチョコクリームを包むクッキー地の川と外側のバウムクーヘンがしっとりして相性がいいです。

パッケージだけでお菓子を判断してはいけませんね。おもしろい体験でした。

 

1個:143円(税込)より

岩手県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する