愛媛県

ベビー母恵夢

ベビー母恵夢

「母恵夢」を読めたら、もうみんなポエマー

「母恵夢」と書いて「ポエム」と読みます。

”和菓子の上品な味わいと洋菓子素材の芳醇な風味を、独自の製法技術で調和させた創作菓子”とのことです。今回ご紹介するのは”ベビー母恵夢”でより母恵夢ひとまわり小さいサイズですが、そこそこのサイズです。

ベビー母恵夢を開封

少しバニラの香りが漂う皮生地、しっとりとしていてバターをふんだんに使っている感じです。上に押されているたくさんの孔はムラなくきれいな焼き色をつけるためと、しっかり火を通し、ホックリした味わいを生み出すためのものだそうです。

ベビー母恵夢の断面

卵黄の風味がしっかりとした餡はすこし洋菓子のような雰囲気もあり、和洋折衷の創作菓子といった感じがします。

ホロっとしたたまご餡がバターの風味の生地と絶妙の相性です。

ベビー母恵夢を食べてみた

たまご餡は口どけが良くて、優しい甘さ、ほっこりするお饅頭です。皮の質感もしっとりしてほんのりバニラの香り、懐かしい美味しさで、愛媛では知らない人はいないとまで言われる銘菓、さすが長く愛されているだけのことはありますね。

6個入り:486円(税込)より

愛媛県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する