山口県

巌流焼

巌流焼

ボリューム重視のどら焼きは数あれど、白餡です。

山口県下関市の巌流本舗さんのどらやき『巌流焼』です。

宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が行われたとされる巌流島にちなんだどら焼きですが、名前もさることながらがっしりしたどらやきです。

巌流焼を開封してみた

スタンダードなどら焼きフォルムのずっしりしたどら焼き、横から見ると様式美といった風合いすら感じる円盤型の伝統的なフォルムです。

巌流焼を横から撮影

そんなスタンダードに見えるどら焼き『巌流焼』ですが、いったいどんなどら焼きかというと、その最大の特徴はこの餡です。

巌流焼を割ってみた

白い!

餡が白餡なんですね。北海道産のいんげん豆でじっくり練り上げ作られているこの白餡がこのどら焼きの特徴的なところです。

巌流焼の断面

いんげん豆から練り上げられた餡の風味は小豆餡とは違い甘さがスッキリしているというのでしょうか、切れの良い甘さで大きなどら焼きですがパクパクいけちゃいます。

巌流焼食べてみた

粒の食感がしっかりと残っているけれど、まろやかで上品な甘さです。
巌流島の戦いとは裏腹にとても優雅な味わいだなあと感じました。

1個:172円 (税込)より

山口県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する