熊本県

正観寺 松風

正観寺 松風

まさかの薄さ!すばらしき伝統の技術

熊本県で明治30年に創業された超老舗の『丸宝』さんの作る『松風』過去にも様々な賞を受賞している由緒正しき伝統菓子です。しかし、このお菓子、驚きの連続でした。

正観寺 松風を開封

クラシックなデザインの箱から取り出したのは真空パックに包まれたお菓子。

正観寺 松風パッケージ

ビニール包みを開けると、和紙に包まれた包装が出てきました。厳重なパッケージングです笑

なんの予備知識もないままこのお菓子を買って、食べるまで、まさに驚きの連続でした。この時までは「なんだかパッケージは厳重だけど中身がやたらと軽いなぁ」くらいにしか思っていませんでした。

 

正観寺 松風を開封してビックリ

和紙の包みをほどきます『エッ!?なにこれ、板?』と驚きました。想定の範囲外のお菓子の姿です。えーと、これはなんと形容したらいいお菓子なんだろう、と戸惑いました。

正観寺 松風の表面、裏面

小さな木の板のような形状のものがたくさん入っています。とりあえず並べてみましたが、ものすごく薄いお煎餅のような感じです。「これ食べていいんだよね?」「どうやって作っているんだろう?」「そのまま食べていいのかな?」など、いろいろな疑問が頭をよぎります。

正観寺 松風ズーム

非常に薄いお煎餅のようです。食べてみるとパリパリっとした食感、卵と小麦粉のよい風味です。甘みも上品で美味しい。これ美味しいです。調べてみると甜菜糖(てんさいとう)を使って

正観寺 松風の裏面ズーム

裏面には綺麗に焼かれた跡。焼いて作るのは分かるけど、これいったいどうやって作っているんだろうと、やっぱり不思議です。綺麗に切り揃えられた短冊状の形。非常に薄く均一な焼き上がり。

正観寺 松風表面ズーム

いま目の前にしているお菓子が”非常に薄く卵、小麦粉、甜菜糖”で作られているのは理解できましたが、いったいどのように焼き上げているのかは謎のままです。すごい技術力、技ありの名品です。

味はもちろん”無限に食べれる系”の素朴で上品な甘さで、流石の一言でした。

1個:120円(税込)より

熊本県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する