大阪府

釣鐘まんじゅう

鐘の響きのように心にしみこむ美味しさのおまんじゅう

 大阪市浪速区にある創業明治33年(1900年)の『釣鐘屋本舗』さんが作る『釣鐘まんじゅう』は四天王寺参拝のお土産として、大阪名物として、大阪の銘菓となっているようです。四天王寺は593年に聖徳太子によって建立されたと云われている日本最古の宮寺ですが、明治33年(1900年)四天王寺に大梵鐘が奉納され、大阪商人の心意気を示す快挙として評判になったそうです。その奉納記念として釣鐘の形を模したおまんじゅうを四天王寺の門前で売り出したのが「釣鐘まんじゅう」のはじまりとのことでした。残念ながら四天王寺の釣鐘は第二次世界大戦の際に供出されてしまいましたが、釣鐘まんじゅうは今も大阪の人々に愛されているようです。

パッケージには釣鐘の絵が描かれています。実物の鐘の音はどんな風に響いていたのでしょうか。。。

お菓子の釣鐘はというと、外側はベビーカステラのような生地で中に小豆のこし餡がぎっしり入っています。食べてみると、こし餡 とカステラ生地がしっとりとやわらかく、優しい味わいが美味しいおまんじゅうでした。餡は北海道産の小豆からさらに厳選し一番挽きの餡を、生地は独自の配合バランスで素材を練り上げさらに一昼夜寝かせる「寝かせ生地」を使っているそうです。生地を寝かせると食感に違いが出るようですね。昔ながらの手焼の技を出来る限りいかした焼のプロセスでは、火加減や焼き上がりのタイミングなど手と目と心でしっかりと見守っているそうです。ずっと見守られて出来上がっているおまんじゅうの美味しさは間違いないですね!

四天王寺の釣鐘はもうなくなってしまいましたが、釣鐘まんじゅうはいつまでも同じ場所で売られていてほしいです。四天王寺参拝のお土産として、大阪のお土産としてこれからも愛され続けていくお菓子は手焼きのやさしさを感じるおまんじゅうでした。

1袋(3個入):454円(税込)

大阪府のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する