広島県

もみじまんじゅう(藤い屋)

もみじまんじゅう(藤い屋)

いつ食べても美味しいから「定番」なんですね、しみじみ。

広島の銘菓といえば、やはり「もみじまんじゅう」がその顔役でしょう!

私も昔からとにかく、もみじまんじゅうが大好きです。一般的には”こしあん”のものがスタンダードだと思いますが、なぜか私は”つぶあん”のものが好みです。そういったわけで今回取り上げるのは「藤い屋」さんの「もみじまんじゅう」つぶあんです。

「藤い屋」さんは宮島の厳島神社の近くにお店を構えており、大正14年創業以来、もみじまんじゅうを作り続けている老舗の名店です。

もみじまんじゅう(つぶあん)パッケージ

藤い屋」さん

広島県でもみじ饅頭を作られているお菓子屋さんは数あれど、藤い屋さんのつぶあんのもみじ饅頭は限りなく私好みの逸品なので、ご紹介させていただきます。

もみじまんじゅう(つぶあん)開封

もみじをかたどった形。当たり前のようですがお店によって結構形が違うんですよね。

もみじまんじゅう(つぶあん)半分にしてみた

このつぶあんが秀逸なんです。もみじまんじゅうの完成度を一層引き立てるつぶあん。さっぱりとしていながら小倉の風味がしっかりとしてして、ふんわり甘い、もみじまんじゅうの皮生地との相性が最高なんですよね。

もみじまんじゅう(つぶあん)食べてみた

このつぶ餡の質感、バランス、味わいは、なかなか筆舌に尽くしがたいというか、文章にしずらいですね。ぜひ一度食べてみていただきたいです。その透明感といいますが、バランスのいい甘さが伝わると思います。

一個:100円(税込)より

広島県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する