広島県

生もみじ

生もみじ

もみじ饅頭に新しい食感を。

もみじまんじゅう好きな方もちょっと驚くのがこの”にしき堂”さんの『生もみじ』でしょう。

外見上は極めてスタンダードなもみじまんじゅうなのですが、食べてみるとその食感の違いに驚くと思います。

生もみじ開封

このように見た感じは”ザ・もみじまんじゅう”といった風合いです。私も食べるまではそう思っていました。

生もみじ断面

半分に割ってみましたが、なんだか生地がいつものもみじまんじゅうの感じと違います。

やたらと生地がモッチリしていて伸びるもので、半分に割るのにちょっと苦戦しました。

生もみじの生地とあんこ

それになんだか焼き色がついていない生地の内側の色味が、白いような感じがします。これまでの勝手知ったるもみじまんじゅうとはちょっと違うようです。

生もみじ食べてみた

そして、食べてみるとその違いに驚きです。生地がすごいモチモチしています。

にしき堂さんのホームページで調べてみると、生地に広島県産の米粉を使用しているとのことで、いわゆるいままでのもみじまんじゅうとは一線を画す食感に仕上げたようです。米粉ってすごいですね、ここまで感触が変わるとは。

『生もみじ』と名乗るだけあって、みずみずしい食感で”生”の感じがよく出ていると感じました。もちろん私はスタンダードなもみじまんじゅうも好きですが、この『生もみじ』ももみじまんじゅうの新解釈としてアリな一品です。機会があれば是非おみやげに採用してみてください!

1個 130円(税込)より

広島県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する