岡山県

どらせん

鈴木屋のどらせん

どうやっても美味しい”どらやき”の懐の広さを感じます。

「おせんべい屋のつくったどら焼き」と銘打った岡山県は大正12年創業の老舗、鈴木屋さんの『どらせん』もとい、どらやきせんべい。どらやきの皮にあたる部分を煎餅のように仕上げたお菓子です。

どらせんを開封

唐草模様の焼きが生地に入っているのが洒落てますね。見た目は薄いどら焼きといった感じですが、生地の質感が美味しそうです。煎餅とは謳っていますがカステラ生地の感じが見て取れます。

どらせんの断面

どらやきの皮にあたる生地は確かに煎餅とのように仕上げられているのですが、少し硬めのカステラ生地といった感じで、パリッとフワッとの中間です、しっとりしたクッキーのような感覚かもしれません。

どらせんの餡

中のあんこも生地のボリュームに合わせてちょっとスリムに。しっとりしたコクのある小倉餡で非常に美味しいです。

どらせんの生地表面の模様

でも、やはり何よりこのどらやき生地ですね、お煎餅屋さんということでパキパキなお煎餅かと思いきや、どらやき生地をちょっとプレスして焼いた感じの程よいカステラな感じ。パクパク食べれる後引く美味しさでした。

1個:140円(税込)より

岡山県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する