鹿児島県

かるかん(竜乃屋)

かるかん(竜乃屋)

歴史あるユニークな食感、元祖エアー系お菓子

鹿児島に伝わる郷土菓子の中でも代表的な銘菓「かるかん」はなんとも不思議な食感で三百年ほど前から作られているお菓子だとは思えないモダンな食感が特徴的なお菓子です。鹿児島市の竜乃屋さんの作る”かるかん”は個包装タイプで食べやすい大きさで気軽に食べれます。

かるかん(竜乃屋)を開封

軽羹(かるかん)は自然薯(じねんじょ=山芋)をふんだんに使い、ふんわりと蒸して作られる、しっとりとしたスポンジのような食感が特徴的で素朴な甘さの美味しさです。

かるかん(竜乃屋)ズームアップ

綺麗な白のスポンジです。かなり水分を含んでいてずっしりしていますが、全然べとつかない。毎回思いますが、不思議な質感です。これが300年ほど前に生み出されたとは不思議な感じがします。

かるかん(竜乃屋)を食べてみた

ほんのり甘くてパクパク食べれるのが、軽羹(かるかん)の魅力ですね。山芋から作られた素朴な味ですが独特なコクもありクセになりそうな食感です。飽きのこない定番の美味しさだから長く親しまれてきた郷土の伝統菓子なのだと感じます。鹿児島に出かけた際は郷土菓子として有名なこのお菓子をおみやげとして持ち帰ればインパクト大のユニークさもあり、喜ばれるお菓子だと思います。

1個:170円(税込)より

鹿児島県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する