岩手県

マルセン バター餅サブレ

マルセン バター餅サブレ

サブレなのに驚きの餅の存在感!

昭和5年から盛岡市でお菓子屋を営む千秋堂さんの作る『マルセン バター餅サブレ』を買ってきました。”餅サブレ”とはいったいどんな代物なのか気になります。

マルセン バター餅サブレパッケージ

レトロで可愛いロゴがプリントされたパッケージですが、「餅サブレ」とはいったいどんな代物なのか、早速開封してみます。

マルセン バター餅サブレの外観

出てきたのは真ん丸の薄いサブレです。生サブレということで質感はかなりしっとりとしています。こんなに薄い中にお餅が入っているなんてちょっと信じられません。見た目も完全にサブレといった感じです。

マルセン バター餅サブレの表面

サブレ生地が美味しそうですね。サクッとしてそうな見た目ですが、かなりしっとりした質感です。そして、手で半分に割ってみようとしたところ、割れない、。というかすごいモッチリしていて、サブレ生地が伸びます、、不思議な光景です。中に入っているお餅がかなりしっかりしていて、半分にしようとしても伸びるだけで難しいので、パクっと頂くことにしました。

マルセン バター餅サブレの断面

おお!サブレなのに餅がすごい、餅の存在感がめちゃくちゃあります。バター餅ということでしたが、お餅自体の味はちょっとサブレ生地と混然一体となり分かりませんでしたが、バターとたまごの風味がよく、サブレの美味しさとお餅が妙にマッチしています。新しい感覚のお菓子を体験できました。

1枚:118円(税込)

岩手県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する