千葉県

花菜っ娘(はななっこ)

バターと黄味餡がおいしいホイル焼きのカステラ菓子

千葉県館山市で大正12年から和洋菓子のを作る老舗の『房洋堂』さん。そんな房洋堂さんの看板商品となっているお菓子がこの『花菜っ娘』です。菜の花が描かれたパッケージに女の子が佇んでいる可愛いパッケージです。

千葉県の県花でもある「菜の花」ですが、「花菜っ娘」のネーミングの由来はこの菜の花を千葉では「菜花(なばな)」や「花菜(はなな)」と呼ぶことから名付けられたそうです。ホイルに包まれた焼き菓子早速開けてみます。

こんがりと焼かれた棒状のケーキ菓子が出てきました。ホイルに包まれたケーキ菓子の割には生地の外側もさらっとしていてスポンジケーキ感が強いです。

半分に割ってみると”ホロッ”とした感触でとても柔らかな質感が伝わってきます。バターの良い香りが

食べるとしっとりした食感ですがホロホロとと口の中で広がるケーキのようです。バターの香りと黄味餡のバランスも絶妙で、素朴な甘さながら、贅沢な味わいです。房洋堂さんの掲げるキャッチフレーズは「千葉の豊かな恵み、人に思いをつたえる時に」といったものだそうです。優しい甘さと丁寧なお菓子作りに、とても気持ちのこもったお菓子だと感じました。

1個:130円(税込)より

千葉県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する