山形県

だだちゃ豆右衛門(だだちゃ餅)

「だだちゃ豆」は枝豆です。ただし山形県鶴岡市のみで育ちます。

山形県鶴岡市のお菓子屋さん『木村屋』さんで作られている『だだちゃ豆右衛門(だだちゃ餅)』なんだかエビスさまのようなキャラクターが描かれた可愛らしいパッケージに入っています。

長方形のケーキのような形。全体的に緑色を帯びていますがこれが”だだちゃ豆”の色合いなのでしょう。ちなみに『だだちゃ豆=枝豆』ということなんですが、山形県鶴岡市の限られた地域でのみ栽培されている枝豆のことを『だだちゃ豆』と呼ぶそうです。いわゆるブランド枝豆ですね。

半分にするのにちょっと苦戦、なぜならケーキだと思っていた中身はお餅のような質感で、かなり弾力がありました。お餅素材になっている二層を薄いケーキ生地で挟み込んでおりお互いがしっかりと密着して層が分からないくらいに馴染んでいます。

「お餅×スポンジケーキ」といった新しい食感に枝豆の風味がしっかりとあります。枝豆もといだだちゃ豆ですが、山形県鶴岡市ではだだちゃ豆が様々な食べ物に用いられていて、生活によく溶け込んでいることが分かります。枝豆の香ばしい香りとほんのり甘いお餅ケーキ、美味しく頂きました。

6個入り:940円(税込)より

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する