徳島県

うず芋どら焼き

うず芋どら焼き

『鳴門うず芋』の有名店「栗尾商店」が放つ芋どら焼き

徳島の栗尾商店さんが作るどら焼き。どらやきの皮に可愛い渦巻きマークが描かれています。

うず芋どら焼きを開封

そしてやっぱり、『鳴門金時』をふんだんに使ったどら焼きです。うず芋どらという名前の通り、どら焼きに挟まれているのは鳴門金時で作られたお芋の餡。

うず芋どら焼きを横からズーム

皮の厚みもそうですが、たっぷりの芋餡が入っておりかなりずっしりと重みを感じます。

うず芋どら焼きの中身

半分に割ってみると、驚きの大きさの”芋の蜜漬け”が登場。これは栗尾商店さんだからできるアプローチかもしれませんね。鳴門金時で作った芋きんをまるでどらやきに入っている栗のように入れ込んでいます。

うず芋どら焼きの断面ズーム

芋の餡と芋の蜜漬けの2重奏です。どら焼き自体の美味しさもさることながら、贅沢な鳴門金時の芋きんが同時に味わえます。食べ応えのある一品でした。

1個:216円(税込)より

徳島県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する