静岡県

箱根路みそまん

箱根路みそまん

伝統の箱根路みそとたっぷりのつぶ餡で食べ応えあり

静岡県浜松市の『春華堂』さんが作る『箱根路みそまん』を買ってきました。春華堂さんといえば言わずと知れた「うなぎパイ」を作られているお菓子屋さんとして有名ですが、もちろんうなぎパイだけではなく様々なお菓子を作られていて、その中でも「みそまん」にはかなり力を入れているようです。

箱根路みそまんのパッケージ

パッケージにはみそまんに使用している味噌へのこだわりが書いてあります。使われているのは、小田原で160年以上の歴史がある「加藤兵太郎商店」さんの作った味噌、80年以上も使用している木桶で熟成された”いいちみそ”というものらしく、まろやかでコクのある味わいが特徴とのことです。

2個入りの箱根路みそまんを開封

2個入りのパッケージを買ってきましたが、かなりズシっとしており食べ応えがありそうな重さです。

箱根路みそまんの見た目

おまんじゅうの皮に穴がぽこぽこ空いているのはザラメ糖によってできたクレーターだそう、皮へのこだわりが感じられます。

箱根路みそまんの断面

つぶ餡がぎっしりと詰まっています、これがズシッとした重さの正体ですね。かなりのボリュームで入っていますが、まんじゅう皮もしっとりとしながらもモチモチでかなり食べ応えのありそうなおまんじゅう。

箱根路みそまんを食べる

食べてみると素朴な味わいに少し意外な感じでした。つぶ餡はぎっしり入っていますが、非常にあっさりした味わいで、生地の風味が損なわれない甘さに抑えられているようです。「加藤兵太郎商店」さんで作られた”いいちみそ”が引き立つよう、バランスを考えて作られているのが分かります。素朴な味わいですが、大きめサイズでつぶ餡もたっぷり満足感もあるおまんじゅうでした。

1包装(2個入):259円(税込)

静岡県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する