長野県

くるみ谷(はと錦)

くるみ谷(はと錦)

くるみが万能系のナッツだと改めて実感

長野県飯田市の『はと錦』さんは地元に伝わる製法にこだわり、地元のくだものや栗、くるみを使用したお菓子を数多く作られているお菓子屋さん。今回はそんな『はと錦』さんの『くるみ谷』を買ってきました。信州といえば”くるみ”ですね。

くるみ谷(はと錦)のパッケージ

パッケージには茅葺ぶき屋根の伝統的な日本家屋が描かれており、信州の伝統イメージが表現されています。くるみって山間の高い木に実を付けるイメージですが、土地の高低差が多い長野県はやはりくるみの栽培にはうってつけなのでしょうね。

くるみ谷(はと錦)の見た目

開封すると、さっそく信州クルミのお出まし。煎ったくるみがおまんじゅうの上にちょこんと乗せられています。特に加工されているわけでもなくオーガニックなくるみがそのまま乗せられているのが自然派な感じでいいです。

くるみ谷(はと錦)の断面

半分に割ってみると中の餡は手亡豆をベースにした白餡のようです。くるみは小倉餡と合わせて使われることが多いように感じますが、こちらは少し違った様子で餡が少し洋風な香りがします。

くるみ谷(はと錦)を食べてみた

こちらの白餡は生クリームやバターを加えてあり、クリームっぽい味わいがありました。なるほど少し洋菓子的な味わいでくるみを引き立たせているようです。洋菓子的な味わいもあり、手亡豆ベースの白餡の味わいもあり、和洋折衷といった感じでまとまっています。そこにくるみの実がアクセントになって、歯ごたえと香ばしい香りをプラスしていて、バランスの取れた美味しさです。それにしても、くるみって和菓子にも洋菓子にも相性バッチリな万能系のナッツですね。

1個:214円(税込)

長野県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する