愛知県

名古屋ふらんす(小倉トースト)

名古屋ふらんす(小倉トースト)

名古屋の食文化が生んだユニークな組み合わせ

愛知県豊田市にお店を構える名古屋ふらんすさんの『名古屋ふらんす小倉トースト』を頂きました。名古屋×フランスの要素を掛け合わせたお菓子のようで、ブッセサンドに名古屋名物の「小倉トースト」を挟み込んだお菓子のようです。名古屋らしいユニークな食文化を象徴するような創造的な新しい感覚のお菓子ですね。

名古屋ふらんす(小倉トースト)のパッケージの

名古屋が地元の方から頂いたのですが、JR名古屋駅や中部国際空港などで人気を集めているようです。「小倉トースト」は名古屋の名物ローカルグルメとしても名高いですが、それをお菓子にアレンジするということに、実に名古屋らしい面白さを感じます。

名古屋ふらんす(小倉トースト)の見た目

開封して出てきたのはまんまると高さのあるブッセサンド。見た目はよくある円盤型のブッセサンドに見えますが、、

名古屋ふらんす(小倉トースト)の断面

半分にしようとすると、ものすごく難しい、というか、写真のようにボロボロになってしまうほど中身が離れません、いったいどうゆうことだと思って中を覗いてみると、なんと「お餅」が入っていました。

名古屋ふらんす(小倉トースト)を食べる

ブッセとお餅という組み合わせはアクロバティックなようにも思えますが、不思議なくらい相性が良く、小倉とマーガリンの味わいもやはり定番の美味しさです。甘さを引き立てるためにフランス原産ゲランド塩も使われているようで、上品な洋菓子としてまとまった味わいがあります。名古屋ならではのユニークな食文化を感じられる面白いお菓子だと思いました。

4個入パッケージ:540円(税込)より

愛知県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する