北海道

じゃがポックル

一度食べたら忘れないポテト感は何度食べても美味しい!

北海道千歳市にある『カルビー北海道工場』で作られる『じゃがポックル』は、販売されて以来、大人気の北海道のお土産です。私も初めて食べた時の衝撃的な美味しさ、よく覚えています。『じゃがポックル』の名前はアイヌ民族に伝わる「コロポックル」が由来のようで、コロポックルは幸せをもたらしてくれる妖精というような伝説があり北海道では知られているそうですよ。「じゃがポックル」は北海道のみならず全国的に知られるお菓子となっていますね。

美味しさの秘密は、旨み成分を残すために皮付きのものをまるごとカットし、オホーツクの塩(サロマ湖の汽水域から作られた塩で、くみ上げた海水を釜でじっくり煮込みマイルドな塩に仕上げている)を使っていることにあるようですね。

見ためは完全にフライドポテトです。

食べるとサクサクしているけどじゃがいものホクホク感もある!他にはない食感とポテト感に感動する「じゃがポックル」は何度も食べているけど毎回やっぱり美味しい!と思わされるすごさがありますね。100%北海道産のじゃがいも本来の美味しさとこだわりの塩の自然な美味しさに手が止まらない…食べたことがない方はぜひ食べてみてほしいお菓子です。※対象年齢は4才頃からとなっていて、のどにつまらせないようにご注意くださいとの注意書きがありました

北海道のおみやげ一覧

※記載価格は購入当時のものです。現在の価格は異なる場合があります。

このお菓子への思い出や感想を投稿する