島根県

伯耆坊(ほうきぼう)

伯耆坊(ほうきぼう)

伝説の天狗の持ってた団扇をかたどった、美味しいお菓子。

島根県松江市にある明治7年創業の老舗和菓子店「彩雲堂」さんのつくる『伯耆坊(ほうきぼう)』
まんまるが少し欠けたようなこのユニークな形は『天狗の団扇』の形を表しており、中国地方の最高峰でもある大山に住むとされる伝説の天狗の四股名(しこな)が”伯耆坊”というのだそうです。

伯耆坊(ほうきぼう)を開封

この形、妙に心を惹かれますね。小豆を固めて周りには粉砂糖が振りかけられています。さっそく一口頂きます。

伯耆坊(ほうきぼう)断面

つぶあんを固めた中には求肥が入っています。美味しいです。つぶあんの小豆がかなりしっかりと形を残していて、餡も甘すぎず、小豆本来の風味を活かしている感じですね。求肥も言わずもがなで合います。

伯耆坊(ほうきぼう)サイズ感

”王道”といった言葉が当てはまりそうなお菓子です。昭和40年代から長く愛されてきた同店のロングセラー商品ということですが、納得です。濃い目の煎茶と頂くと、まさに王道の和菓子の楽しみ方ができますね。

1個:195円(税込)より

島根県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する