兵庫県

はりまなだ物語

はりまなだ物語

播磨灘・はりまなだ・ハリマナダー

”はりまなだ物語”といえば、司馬遼太郎の歴史小説『播磨灘物語』のことを言っているのかな?と思いましたが、お菓子のパッケージは完全に洋菓子っぽいですね。

はりまなだ物語を開封

中に入っていたのも一口サイズのケーキのような感じです。こんがり焼かれていてベイクトチーズケーキのような見た目の焼き菓子です。

はりまなだ物語2つに割ってみた

割ってみると中にはフルーツが、どうやらリンゴをサイコロ状にカットしてジャムのような感じにしているようです。

一口サイズのケーキの中にフルーツが入っているのは凝っていますね。

はりまなだ物語サイズ感

ケーキ部分がしっかりと焼かれていてマドレーヌとクッキーの中間のような感じもあり、スタンダードな美味しさです。

『はりまなだ物語』という、お菓子の名前の由来には少し謎が残るところですが、丁寧に作られた一口サイズの可愛いケーキでした。

 

1個:130円(税込)より

兵庫県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する