徳島県

花嫁菓子

花嫁菓子

素敵な地域文化を物語るお菓子

徳島県で昭和27年からお菓子屋さんを営み、徳島の伝統的なお菓子『花嫁菓子』を作り続ける浅井製菓所さん。

花嫁菓子を開封

この花嫁菓子とは何なのかを浅井製菓所さんのHPから引用させていただくと

徳島では婚礼の時に、花嫁さんが実家や嫁ぎ先の近所に挨拶をしながら練り歩く”初歩き”という習慣があります。この時に花嫁さんが、お祝いをしてくれる近所の方々や子どもたちに「花嫁菓子」を贈ります。

ということです。なんとも素敵な風習です。なんだか花嫁が花道を歩くといった優雅なイメージがありますね。実際にご近所周りは大変だろうけど、。

花嫁菓子ズーム

このお菓子は極めてシンプルな素材で出来ていて、原材料は「もち米」と「砂糖」。淡いピンク、黄色、白のほのかな色付けがされていて縁起が良い色彩です。

花嫁菓子ピンク色

生地作り・焼き加減など、お菓子作りの工程は、ほとんどが手作業とのこと。一つ一つの形に手作り感を感じますね。

花嫁菓子を食べてみた

超シンプルながら、普遍的な美味しさがあります。素朴な味わいですが、極めて軽い口当たりと溶けるようなおせんべいの食感。長く受け継がれてきたのが納得の美味しさでした。『花嫁菓子』という素敵な名前のお菓子、ずっと続いていってほしいと思える伝統文化と一体となったお煎餅ですね。

1袋(4枚入り):110円(税込)より

徳島県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する