長野県

これはうまい

100年前から「これはうまい」なんと登録商標取得済み

長野県松本市で明治17年に創業、130年余りの歴史を持つ御菓子司『開運堂』さんが作る『これはうまい』というお饅頭。くるみ饅頭なのですが、ちょっと変わったネーミング、どういった由来があるのかといえば、『これを食べた多くのお客様から「これは旨い!」と大評判になり、それがそのまま菓名になりました』とのシンプルでド直球な理由でした。

たしかにお菓子の特徴を端的に言い表しているという意味では、この上ないネーミングかもしれませんが、それにしてもユニークな名前です。しかも、このお菓子が生まれたのは大正時代ということで約100年の歴史を持っているというから驚きです。100年間、この名前で突っ走ってきたようです、なんと「これはうまい」で登録商標もお持ちだとか、スゴイ!

開封してみると上に大粒のくるみが乗ったお饅頭。こんがり焼かれていて美味しそうです。

個人的に好きなパン生地のようなまんじゅう皮、中の餡はホクホクした感じの小倉餡で上部にのっているくるみが大粒なので綺麗に半分に切れました。全体的に割とサクッとした感触。

小倉餡の質感は小豆の粒が程良く残っていてふんわり炊きあげられています。しっとり餡も美味しいけど、こういったちょっとサクッとした感触の小豆餡も美味しいですよね。

食べてみると、クルミの香ばしさが全体のサクッとした食感ともマッチしていて、不思議な喩えかもしれませんがビスケット感覚で食べられる感じ。全体のバランスが秀逸で長年愛されてきたお菓子だということがよくわかります。お菓子の名前に偽りなしのまさに「これはうまい」といった感想です笑

1個:173円(税込)

長野県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する