栃木県

小倉あわせ

小倉あわせ

いわば”小倉パンケーキ”素朴な皮の食感がクセになる

栃木県宇都宮市で1946年(昭和21年)創業の『若山商店』地元さんは『わかやま』のブランド名で地元栃木の素材を活かしたお菓子作りを続けているお菓子屋さんです。今回買ってきたのは、東京スカイツリーの東京ソラマチの中にある”とちまるショップ”で売っていた『小倉あわせ』です。

小倉あわせを開封

小麦ベースの生地に小倉あんを挟んであって、どら焼きにも似たお菓子のようですが、皮が特徴的で薄いパンケーキのような感触。

小倉あわせの断面

小麦生地の皮はちょっと餅っとした感触もありながら、ホロっとした感触もあり、いうならば”まるぼうろ”をプレスしたような感じでしょうか、中には小倉餡がギュッとサンドされています。

小倉あわせを食べてみる

小倉餡にしっかりと甘さがあり、小豆の風味もよいので素朴な味付けの皮との相性が良いです。小豆の粒がしっかりと残っている感じのつぶ餡も良い感じ。”小麦の和風パンケーキに小倉餡をサンドしました”といった感じで食べやすいのも良いです。手軽なおやつとしてうってつけですね。

1個:108円(税込)

栃木県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する