福島県

太陽堂のむぎせんべい

ほのかに甘い小麦粉せんべいの美味しさ

福島県福島市の『太陽堂むぎせんべい本舗』さんの作る『太陽堂のむぎせんべい』は創業者である八巻清氏が「南部せんべい」にインスパイアされ1927年(昭和2年)に生み出されました。変わらぬ素朴な味わいで現在までも永く愛され続けている福島銘菓です。

個包装に書いてあるお菓子名のフォントがレトロな雰囲気で良い感じ。原材料は小麦と落花生、非常にシンプルな素材で作られています。

開封してみると表面がすべすべしていて、硬い感触、木のお皿の上に出すと「カランカランッ」と音を立てるほどです。

お煎餅の裏には「太陽堂」の文字、クラシックな書体の感じから焼き器の型がずっと昔から使われているものなんだろうなと想像します。

食べてみると、これは美味しい!パキパキっとした硬さで軽い口当たり、口に入れると小麦の香りの良さと、ほのかな甘さが広がります。小麦と落花生のシンプルな素材の美味しさが優しく口の中に溶けていきます。素朴な味わいの極致といった感じですが、決して味気ない感じではなく程よい甘味が後を引く美味しさです。100年近く変わらぬ味というのも納得、まさに完成された味わいだと感じました。『太陽堂むぎせんべい本舗』さんのホームページもとても素敵なのでぜひご覧ください。こういった歴史とストーリーを持っているお菓子って素敵です。

1袋(2枚組4パック):356円(税込)

福島県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する