滋賀県

栗山家(くりさんが)

モチモチ系の栗羊羹という新しい感覚

いまでは全国的な規模で展開されている和菓子店『叶 匠壽庵(かのう しょうじゅあん)』さんの『栗山家(くりさんが)』を買ってきました。叶 匠壽庵さんは滋賀県大津市で1958年に創業された和菓子屋さんです。

格調ある和紙の巾着のようなパッケージに包まれているのは羊羹タイプのお菓子のようです。このパッケージ、かなり優れもので裏面に開け方の説明書きがあり、包装を綺麗に開くことができ、手を汚さずに開封できるように工夫されています。

開封すると出てきたのは栗羊羹のようなお菓子。

羊羹にしては淡い色合いで透明感のあり、中に入っている栗も綺麗に透けて見えるほどです。淡い色合いの羊羹とは言っても”水ようかん”のような質感ではなく、プリプリとした弾力のある感じです。

半分に切るときに気が付いたのが、羊羹の部分がいわゆる一般的なそれとは質感が異なり、非常にモチモチしたお餅のような感触でした。わらび餅のような感触。中にはまるまるとした栗の実が入っています。

食べてみてなるほどと思ったのが、羊羹の部分はモチモチしたわらび餅のような羊羹でした。いや、羊羹というよりは小豆風味のお餅といった方が正確かもしれません。さっぱりとした甘さとモチモチしたわらび餅に包まれた栗のお菓子といった感じで、新食感、新感覚の味わいでした。さすが気鋭の和菓子屋さん新しいスタイルの提案を感じました。

1個:270円(税込)

滋賀県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する