長崎県

うに豆

これは止まらない”ウニ風味”のそら豆揚げ

長崎県島原市の藤田チェリー豆総本店さんが作る『うに豆』は長崎で長く親しまれている『ラッキーチェリー豆』の”うに味”バージョンといったところでしょうか、とにかく定評の多いお菓子です。100年以上続く長崎名物である『ラッキーチェリー豆』も非常に美味しかったので、こちらの”うに豆”はどんな味わいか気になったので買ってきました。

パッケージがすごいインパクト。お菓子コーナーにデカデカと出現する”うに豆”の文字が印象的です。

開封するとザラザラっと出てくる揚げたそら豆達、色味は完全に”うに色”ですが、カリッとした質感からも『ラッキーチェリー豆』のシリーズであることがよく分かります。

そら豆を揚げただけといったシンプルな製法ですが『ウニ豆』とはよく名付けたなと思えるほどウニの香りとそら豆の香ばしい香りが漂ってきます。

1粒はこんな感じで小さいですが、しっかりと味が染みていそう。

断面はこんな感じです。そして、一口食べて思ったのは「究極に美味い、。」これは間違いなく止まらない系のお菓子です。長崎に住んでいる方はお酒もたくさん飲むイメージを勝手に持っていますが、こんなにも完成度の高いおつまみがあるのなら納得、むしろこの『うに豆』を食べるときにはビールや焼酎などのお酒が一緒だと最強かもしれません。身近にいるお酒好きの人にはもってこいの間違いなく喜ばれるおみやげになると思います。

1袋(75g):378円(税込)

長崎県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する