岐阜県

あん巻き食ぱん

あん巻き食ぱん

”上品な餡もの”といった味わいがある上質な食パン

岐阜市柳津町のコガネパンさんが作る『あん巻き食ぱん』が”ご当地パンフェスタ”というイベントで売っていたので買ってきました。コガネパンさんは岐阜で昔から地域の人々に親しまれているパン屋さんですが、愛知県のお店などにも商品が並ぶ、近畿地方ではメジャーなパンメーカーさんです。

あん巻き食ぱんの包装

『あん巻き食ぱん』の名の通り、パンに小倉餡をクルクル巻いて焼き上げた食パンですが、小さめサイズの1斤をおそらく半分にした状態で販売されているようです。

あん巻き食ぱんの断面

渦巻きぐるぐるといった感じで綺麗に食パンの中に小倉餡が巻かれていますが、こんなに綺麗に収まるものなんですね。スライスしても金太郎飴のようにくるくると餡が続きます。

あん巻き食ぱんのスライス

パンの生地は非常にしっとりした質感で、大きさの割にズシっと重みがあります。特にパンの中央部は小倉餡の質感と近いくらいしっとりしていて、パンなのにみずみずしいといった感じさえあります。

あん巻き食ぱんを食べてみる

ひとくち食べてみると贅沢な味わい。ストレートな小麦のパンの美味しさにちょうど良いバランスで小倉餡が混ざり、いわゆる”あんぱん”とはまた違った美味しさがあります。何より、食パンそのものが非常に美味しいです。

バターが多く使われている感じのパン生地を予想していましたが、そうではなく小麦の素直な美味しさのパンというのでしょうか、ふんわりしっとりと素朴な味わいの中で、小倉餡が映えるといった感じです。いわゆる”小倉バター”のような味わいをではなく、”上品な餡もの”といった感じの方が近い味わいでした。飽きない美味しさがある食パンだと思います。

1袋:360円(税込)

岐阜県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する