神奈川県

西行饅頭

西行饅頭

島崎藤村、吉田茂も愛した大磯の老舗和菓子屋

神奈川県の大磯町に明治24年からお店を構える『新杵(しんきね)菓子舗』さんの作る『西行饅頭』を買ってきました。こちらのおまんじゅう、歴史上の多くの著名人に愛されたおまんじゅうで、日本近代文学を代表する作家の一人である島崎藤村や、終戦直後の内閣総理大臣である吉田茂の好物だったことでも有名なおまんじゅうです。

西行饅頭の見た目

非常にきめの細かいなめらかな生地が特徴的です。肌色がかった生地を見てると、これがいわゆる”まんじゅう肌”というやつかと思いました。「西行」と焼印がされておりシンプルな焼き目とまんじゅう生地のコントラストが伝統を感じさせる佇まいです。

西行饅頭の断面

ポクッといった感じで半分に割れます。中にはたっぷりのこしあんが入っていて、こちらも非常にきめが細かい質感の餡です。

西行饅頭を食べてみる

非常にシンプルですが、完成されたバランスといった感じの味わいです。さっぱりとした甘さの餡はサラサラとした食感もあり、素朴ながらしっかりと存在感のあるまんじゅう生地と溶け合います。100年以上の長きに渡り愛されてきたのがよく分かる完成された味わいです。ちなみに島崎藤村は、この新杵菓子補さんに足繫く通う常連客だったとのことで、戦時中にはお店の二階に書籍を預かってもらっていたこともあるほど親密だったようです。歴史を感じさせるバックストーリーもこの「西行饅頭」の味わい深さの秘密なのかもしれません。

1個:150円(税込)

神奈川県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する