島根県

バラパン

70年以上も味、形そのままに愛され続ける出雲のソウルフード

島根県のご当地パンで有名な「バラパン」を買ってきました。島根県出雲市にある「なんぽうパン」さんで1949年(昭和24年)頃に生み出されてから70年以上も世代を超えて愛されつづけ、いまでは島根県民のソウルフードと呼ばれるくらいになっているのだとか。

パッケージにはバラが描かれていて、右下には「なんぼうパン」と社名が入っています。レトロなデザインが良い感じです。

開封するとバラの花を象ったパンの形。花の中心にクリームが見えます。

山型のパンを薄くスライスしてロールにすることで、このようにバラの花が開いている形に、すごいアイディアです。

割ってみるとロールの層にもクリームが入っています。このクリームが薄くスライスされたパンの生地をくっつける”のり”の役目を果たしているんですね。

フワフワのパンの隙間からあらわれるたっぷりのクリームはさっぱりとした素朴な甘さ、絶妙なバランスで仕上がっている完成された美味しさです。何も変えないまま70年以上愛されている理由が良く分かります。島根県のご当地パンとして外せないおみやげですね。

1個:185円(税込)

島根県のおみやげ一覧

※記載価格は購入当時のものです。現在の価格は異なる場合があります。

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する