東京都

東京キナコ

きな粉が焼き菓子にこんなに合うとは驚きです

港区の赤坂に本店を構える赤坂青野さんは1899年(明治32年)創業という老舗和菓子店。赤坂青野さんは「赤坂もち」というきな粉の餅菓子が看板商品として有名ですが、今回は”きな粉を使った焼き菓子”である「東京キナコ」を買ってきました。

「東京キナコ」という名前の響きに、なんだかお洒落な雰囲気を感じます。パッケージもモダンなデザインです。

開けてみるとフィナンシェのようなシェイプの焼き菓子。

                                         

一般的なフィナンシェはバターでしっとりしているのが常ですが、こちらはきな粉と小麦粉でサクサクのフワフワといった感じの質感。きな粉が香るスポンジケーキといったイメージ。

食べてみると、きな粉が焼き菓子にこんなに合うのかと驚く仕上がりです。きっと、きな粉への深い知見がある赤坂青野さんだからこそ作り得た絶妙な配合なのだろうと感じました。きな粉の可能性を広げるフィナンシェです。

東京都のおみやげ一覧

※記載価格は購入当時のものです。現在の価格は異なる場合があります。

このお菓子への思い出や感想を投稿する