大分県

三笠野

大分県の超老舗が作る伝統の看板商品

大分県竹田市の但馬屋老舗(たじまや ろうほ)さんは創業1804年(文化元年)という超老舗で、大分県で一番古い歴史を持つ和菓子屋さんと言われています。

この「三笠野」は但馬屋さんの代表銘菓で江戸時代から藩主に献上されていたという由緒あるお菓子です。

薄く焼いた生地でこし餡を包んで折りたたんであります。若鮎のような見た目にも見えますが、生地がもっと素朴な質感です。

薄い生地に包まれた中のこし餡は淡い色合いで見た目にもさっぱりした感じが伝わってきます。

こし餡はコクがありながら上品な甘さ。素朴ながら上質な和菓子といった感じで流石の伝統を感じる安定感のある美味しさでした。

大分県のおみやげ一覧

※記載価格は購入当時のものです。現在の価格は異なる場合があります。

このお菓子への思い出や感想を投稿する