熊本県

彦一もなか

熊本県八代市の歴史ある可愛いモナカ

熊本県八代市で1896年(明治29年)創業という歴史を持つ「お菓子の彦一本舗」さんが作る「彦一もなか」を買ってきました。お店の名前にもなっている「彦一」というのは熊本県八代地方に伝わる『彦一とんちばなし』の主人公・彦一が由来だそうです。

「彦一もなか」は1953年(昭和28年)に発売が開始され、後にお店の看板商品となり、いまでは熊本県八代市の代表銘菓としても知られる存在です。パッケージに描かれている彦一の表情がたまらなく可愛らしいです。

彦一さんをかたどった最中。ずんぐりしていて可愛いです。

中にはぎっしりとつぶ餡が入っており、ずっしりと重みがあります。

たっぷりと入った餡は思っていたよりもさっぱりとした甘さです。とはいっても餡にボリュームがあるので満足感のあるモナカ。濃い目の緑茶、抹茶などと頂くのがオススメです。

熊本県のおみやげ一覧

※記載価格は購入当時のものです。現在の価格は異なる場合があります。

このお菓子への思い出や感想を投稿する