長崎県

ぽると

ぽると

「羊羹をビスケットで挟む」とんだ荒業かと思いきや

佐世保の人々に長く愛されている銘菓『ぽると』はビスケットでようかんを挟んだという和洋折衷のお菓子。斬新なコンセプトに思えますが、なんと昭和30年に生まれ、長崎では長く親しまれているお菓子です。

ぽるとのパッケージ

パケージには『南蛮菓子』と書いてあります。この呼び方に長崎の歴史を感じさせますね。

また、『壱岐産柚子餡』とも書いてあります。柚子のあんこを使用した南蛮菓子とは、やはり新しさを感じてしまいます。

ぽるとの外側の生地

ちなみに『ぽると』という名前はポルトガルの港町「ポルト」に因んでつけられたとのこと。

ぱっと見の外側からは”洋焼き菓子”にしか見えないですね。中に餡素材が入っているなんて想像できません。

ぽるとを皿においてみると

ビスケットのサンドに挟まれているのは”ようかん”周りには砂糖がまぶされていていて手に取って食べやすいです。

大きさのわりに結構ずっしりとしたボリュームを感じます。

ぽるとを食べてみた

柚子の香りがフワッと漂う優しい味の羊羹。ビスケットは洋風の柔らかいクッキー風味で、和洋折衷という表現がぴったりのお菓子ですね。中に入っているのは羊羹ですが、ブラックコーヒーとの相性がバッチリでした。

1個:120円(税込)より

長崎県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する