長崎県

長崎物語

長崎物語

長崎の歴史に鎮座する贅沢ミニロールバウム

長崎県の菓舗 唐草さんの作る『長崎物語』は長く愛されてきたロールバウムのお菓子です。

長崎物語の外箱

パッケージに描かれているのは『じゃがたら文』という貿易の盛んだった長崎で生まれたエピソートを語るうえで欠かせない”布地に描かれた手紙” 物語の詳細はこちらから

 

長崎物語2本入りパッケージ

箱に詰められたミニサイズのロールケーキが2つ。小さいのにしっかりと”贈答品”って感じがあります。

長崎物語 個包装フィルム

包装紙に包まれた小さなロールバウム、渋い感じのデザインで高級感があります。

長崎物語を開封

このように筒状のロールバウムになっており小さなお菓子ですがしっかり丁寧に焼き上げられたロールバウムです。

長崎物語の断面

中にはクリームが閉じ込められています。

長崎物語を食べてみた

バウムクーヘンにクリームまで入って一口サイズという、食べると「贅沢なお菓子」だなーと感じます。丁寧に焼き上げられたバウムクーヘンが美味しい。長崎ならではの異国情緒なお菓子です。

1箱2本入り:270円(税込)より

長崎県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する