栃木県

きぬにしき

きぬにしき

生地の食感が独特で美味しい。日光東照宮献上品!

栃木県日光で1937年に創業した老舗和菓子屋『日昇堂』さんの作る『きぬにしき』は日光東照宮に献上されているお菓子ということで非常に伝統のあるお菓子です。

きぬにしきの個包装パッケージ

パッケージには「日光東照宮献上品」というステッカーが貼られていて栃木の伝統銘菓って感じが強調されていますね。

きぬにしきの包装を開封

早速開封してみると、初めて見るタイプのお菓子、小さなどら焼き(?)のようにも見えますが、外側の生地がしっとりしていますがパンケーキをもう少し硬く焼いたような感触です。

きぬにしきの断面

生地は少し洋風なテイストに仕上げられているようですが、中には上質なあんこが挟まれており、和洋折衷といった感じです。

きぬにしきを食べてみた

生地の素朴な美味しさが小倉餡との相性バツグンでパクパク食べれちゃうお菓子です。いわば”あんこ入りミニパンケーキ”といった感じがしました。

1個:108円(税込)より

栃木県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する