奈良県

吉野 葛ようかん

葛のプルプルで水羊羹のような爽やかさ

奈良県の吉野で明治初期より和菓子屋さんを営む『舟形屋』さんの作る『吉野 葛ようかん』は吉野山の特産品である「吉野葛」を使用した一口サイズの羊羹です。

よく見かけるサイズの一口羊羹よりちょっとだけ厚みを感じるサイズ感。アルミの包装材ではなくビニール製の包装材に入っています。

包装から取り出してみたところ、羊羹の端っこの部分が普通の一口羊羹に比べて透き通っています。また、全体的にも透明感があってプルプルしている感じです。

半分に切ってみるとより透明感が分かります。外側が透き通っていますね。つぶあんの小豆も見えてきました。葛が使われているので、プルプルの質感で、濃厚な羊羹とは全く別の感触です。

断面のちょっとザラっとした感じが見えるでしょうか?水ようかんの質感に近いものがあります。味わいも非常に口当たりが良く、葛まんじゅうと羊羹の中間のような存在ですね。パッケージの見た目からはよく見る一口羊羹と思っていましたが、実際にはかなり違う食感で、とてもあっさりとした爽やかな味わいです。冷やして食べても美味しいでしょう。一級品の葛の力を感じましたお勧めです。

1個:194円(税込)

奈良県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する