福岡県

黒棒 匠の逸品

黒棒 匠の逸品

昔ながらの素朴な美味しさ、実は生姜が隠し味!

福岡県八女市の『野田製菓本舗』さんが作る『黒棒 匠の逸品』は黒砂糖を小麦、卵で焼いたカステラ生地に染み込ませて焼いた昔ながらのシンプルなお菓子。

黒棒 匠の逸品の包装

『野田製菓本舗』さんの黒棒は素材・製法にとことんこだわって伝統の作り方で作られたお菓子です。小麦粉は筑紫平野で収穫されたもの、たまごも地元の新鮮なもの、黒砂糖も長年の経験で見極められた厳選されたものを使用しているとのこと。シンプルなお菓子だからこそ素材へのこだわりがモノを言うようです。

黒棒匠の逸品を開封

このシェイプ、皆さんも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。懐かしい気持ちになるお菓子です。半分に割ってみると外側はカリッと中はフワッとという感触が伝わってきます。

黒棒 匠の逸品の断面

専用のオーブンで時間をかけて丁寧に焼き上げられるそうで、砂糖をコーティング作業も一本ずつ全部手作業で行っているとのこと。この手焼きの作業によって黒砂糖が生地になじみ、独特の食感が生まれるとのことです。こうやってみるとミルフィーユのような生地の層が出来上がっているんですね。

黒棒 匠の逸品を食べてみた

また、味の決め手になるのが”生姜”だそうです。奄美諸島で作られる生姜を使うことで黒糖の味わいを引き締めながら深みのある甘みが出せとのこと。たしかにシンプルで素朴な甘さですが完成された味わいで後を引く甘さです。伝統のシンプルな美味しさって本当に強いですね。価格もお手軽なのが嬉しいです!

1袋(3本入り):170円(税込)

福岡県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する