新潟県

柏崎太鼓

柏崎太鼓

それはまるで箱に敷き詰められたカステラケーキ

新潟県柏崎市の老舗和菓子店『最上屋』さんが作る『柏崎太鼓』は黄味餡をカステラ風の生地で包みアルミホイルに入れて焼いたユニークな形状のお菓子です。『最上屋』さんは創業明治4年という長い歴史を持ち、柏崎市で長く親しまれてきたのと同時に、柏崎市の文化や伝統をかたどるお菓子を作り続けています。

柏崎太鼓を開封

開封するとアルミホイルの箱が出てきました。お弁当箱のような、この中にお菓子が入っているなんて、なんとも不思議な感覚です。

柏崎太鼓の中身

蓋をオープンすると、所狭しと敷き詰められたカステラ生地。これはかなりテンションが上がる設計ですね。お弁当箱を開けたらカステラがバーンと出てきて隙間のない感じが非常に贅沢な気持ちになります。

柏崎太鼓の見た目

箱の形通りの四角形カクカクのケーキ。ずっしりと重みがあるので、中身はケーキ生地ではなく餡が詰まっているようです。

柏崎太鼓の断面

半分に割ってみると中にはほくほくした感じの黄身餡。きちんと入っているというか、四角形のシェイプに合わせ整然と入っているところに、佇まいの美しさというか、職人さんの年季を感じます。考えつくされたお菓子ですね。

柏崎太鼓食べてみた

黄身餡の存在で全体的には和菓子の様相ですが、カステラ生地に包まれたケーキといった洋菓子的な性格も感じる味わいです。ブラックコーヒーにもよく合うお菓子といった感じ。かなり大きさがあるのでボリューム満点で食べ応えがあるのもグット。餡は甘すぎずカステラとの相性が非常に良いのでパクパクいけちゃうカステラ菓子ですね。銀箔の箱に敷き詰められている感じはなんだか贅沢な気持ちになり、贈り物にも最適だなと思いました。

1個:198円(税込)

新潟県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する