山梨県

どら焼き(海老屋)

伝統のどら焼きの味、皮がポクポクしてて美味しい!

山梨県甲府市の『海老屋』さんは昭和24年に創業され様々なお菓子作りを続けているお菓子屋さん。創業当初は煮豆を中心に羊羹や佃煮等を作っていたお店ですが、現在は和菓子や洋菓子も含め様々なラインナップを持つお菓子屋さんです。

今回は『海老屋』さんの『どら焼き』を買ってきました。パッケージには「創業昭和二十四年」の文字が大きく印字されています。また「どら焼き」と大きく印字されているのも直球勝負的な潔さを感じます。

開封すると現れたのはまごうことなきどら焼き、スタンダードな見た目形ですがどらやき皮の質感がしっかりしていて美味しそう。

半分に割るとこれまたスタンダードな小倉餡が入っていますが、半分に割る際に最近食べてきたどら焼きとちょっと質感が違うことに気が付きました。最近食べるどら焼き昨今の潮流なのか”しっとり皮”や”モチモチ皮”が多いのですが、こちらのどら焼きの皮は「ポクッ」という感じで半分になりました。擬音だと伝わりつらいかもしれませんが、そんなに水分が含まれていないというんでしょうか。

とにかく何が伝えたいかというと、いい意味でしっとりしていない皮がとても美味しかったです。中の小倉餡も甘すぎず上品な味わい。皮もちょうどいいカステラ感があって、懐かしいというのでしょうか、どら焼きの伝統的、王道的なスタイルを感じました。昭和24年に創業ということで、このスタイルを貫き通しているどら焼きなのかもしれません。とにかく初心に帰る的な美味しさを感じるどら焼きでした。

1個:162円(税込)

山梨県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する