岡山県

清水屋 生クリームパン

清水屋 生クリームパン

パンごと溶けてしまいそうな生クリーム食感

岡山県岡山市の清水屋食品さんが作る『生クリームパン』を手に入れました。職場の同僚に頂いたのですが、ちょっと話題になっている人気のクリームパンのようです。最近ではコンビニのスイーツコーナーでも見かけることがあるとか。

清水屋生クリームパンのパッケージ

激シブなパッケージデザイン、ぱっと見、クリームパンだとは想像がつかないデザインです。昭和34年創業という但し書きと、勘亭流書体で『清水屋』と書いてあり迫力のあるパッケージ。生クリームがふんだんに使われているようで”要冷蔵”のパンになっています。

清水屋生クリームパンを開封

開封してみると真っ白なかなりしっとりした質感のパンが出てきました。パン生地は非常に柔らかくしっとりしているので”取り扱い注意”ってくらいにすごく繊細です。

清水屋生クリームパンの断面

半分にする際もフワッと分かれる感じで、すごく繊細に出来てます。パッケージで受けた印象と真逆の質感です笑

10種類以上の色々な生クリームの味があるようですが、今回は定番人気という”カスタード”を頂きます。

清水屋生クリームパンを食べる

ひとくち食べてみると、まさに溶けるような食感。生クリームが甘すぎず、ふんだんに空気を含んでおり、パンの生地も生クリームを包む柔らかい薄皮といった感じで、雪のようにふっと溶けていく口当たりです。生クリームも全く”くどさ”を感じず、自然な甘みであっという間に食べてしまいます。これは話題になるのが納得です。それにしてもパッケージデザインの印象とは真逆の繊細な美味しさが面白い生クリームパンでした。

1個:198円(税込)

岡山県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する