鳥取県

ぽん大豆

ぽん大豆

緑大豆をぽん菓子にした自然食材の素朴な美味しさ

鳥取県大山町の「ルートマンテンぽん菓子加工所」さんで作られている『ぽん大豆』は大山町で採れた”緑大豆”をぽん菓子にしたお菓子です。お米で作られることが多いぽん菓子ですが、こちらは”緑大豆”に熱と圧力かけ、それを一気に開放することによって膨張させて作った”豆のぽん菓子”ですね。

ぽん大豆の包装

手作り感のあるパッケージラベルには鳥取県の名峰「大山」が写っています。ぽん菓子にした緑大豆には三温糖を使って味付けをしているようです。

ぽん大豆の見た目

甘納豆のような見た目ですが、お皿に出すと「カラカラ」と音をたてて出てきます。当然、水分を飛ばして作るぽん菓子なので、乾燥しきったカリカリの大豆です。

ぽん大豆の一粒の見た目

周りには砂糖菓子のように白い”糖衣”がまとわれていますが、中身は大豆そのままといった感じもします。きちんとぽん菓子になっているか気にりましたが、かじってみると見事に中身はサクサクの”ぽん菓子”になっています。

ぽん大豆の断面

見てください、このサクサクした感じ。大豆の風味がフワッと香りながら上品な三温糖の甘みと溶け合います。とても素朴ながら次の一口が止まらなくなるおいしさ。大豆そのものの美味しさをダイナミックに感じることが出来る自然派のお菓子ですね。ちなみに「ルートマンテンぽん菓子加工所」さんではこの『ぽん大豆』以外にも、お米、玄米などの穀物を使用したぽん菓子も作られているようで、鳥取県の自然の恵みを活かしたオーガニックなさまざまなぽん菓子を作られているようです。手作り感と素朴な美味しさがグッドなお菓子でした。

1袋:152円(税込)

鳥取県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する