秋田県

煉屋バナナ

もうすぐ生誕100年を迎える伝統のバナナ最中

秋田県大館市の煉屋(ねりや)菓子舗さんは1927年(昭和2年)創業という老舗のお菓子屋さん。代表銘菓の「煉屋バナナ」は長い間地元の方に愛されてきたお菓子です。

煉屋バナナはバナナ餡で作られたモナカ。青森県や秋田県ではこのバナナ最中はかなりメジャーな存在で多くの人に親しまれているお菓子です。昭和初期の頃はバナナが非常に高価だったためバナナの味わいを多くの人に楽しんで貰おうと考案されたお菓子だそうです。

バナナの形をしたモナカ生地には”煉屋バナナ”と彫られており、ユニークな見た目です。

以前食べたことのある、かさい製菓さんの「バナナ最中」の餡はさらりとした白餡にバナナの風味が付けられていたのですが、一方この「煉屋バナナ」の餡はかなりしっとりしています。

白餡ベースにバナナの風味がしっかりと香り、食感もバナナの実に似ています。かなり食べ応えがあり満足感のあるモナカでした。

秋田県のおみやげ一覧

※記載価格は購入当時のものです。現在の価格は異なる場合があります。

このお菓子への思い出や感想を投稿する