京都府

華(鼓月)

華(鼓月)

京の老舗の代表銘菓、さすがのクオリティ

京菓子處 鼓月を代表する銘菓『華』は、昭和36年に生まれた黄身餡の焼饅頭だそうです。三越日本橋店にある鼓月さんで一番センターに置かれて「代表銘菓」と銘打たれていたので買ってきました。

華(鼓月)の開封直後の見た目

菊の花をかたどったおまんじゅう。まんじゅう生地にこれほど微細な飾りを入れて焼くことができるのかぁと感心してしまいます。

華(鼓月)の断面

「鼓月」さんのHPでは”焼き饅頭”として紹介されていますが、個人的には中の黄身餡のふわふわさや、外側のまんじゅう生地と餡の境目が分からないほど一体感の味があるなので”カステラ饅頭”といった感覚も、皮と餡もそうですが、全体として調和のとれた完成度に、さすが京都の老舗の代表銘菓と感じました。

華(鼓月)を食べてみる

バターの風味がほんのりあるのと、バニラの香りもほのかに付けられていて、本当に洋菓子的な雰囲気も漂うおまんじゅうです。菊の花をかたどっているので「THE和菓子!」といったビジュアルですが、コーヒーとも相性がいい美味しさ。まさに和洋折衷の極みって感じのおまんじゅうですね。これが昭和36年からあるとはちょっと驚き、さすがハイカラ文化を先導してきた京都のお菓子屋さんという感じがします。

6個入り:¥1,242(税込)より

京都府のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する