広島県

桐葉菓(とうようか)

モチモチ生地が美味しい四角いおまんじゅう

広島県廿日市宮島の老舗お菓子屋さん『やまだ屋』さんは、もみじ饅頭の製造で有名なお菓子屋さんですが、そんな『やまだ屋』さんのもう一つの看板商品がこちら『桐葉菓(とうようか)』。もちもちっとした餅粉の生地で、こし餡とつぶ餡の合わせ餡を包んだお菓子です。

パッケージから出てきたのは四角いカステラ生地のようなおまんじゅう。焼印で描かれているのは桐の葉でしょう、なんとも由緒正しい感じがします。また、触った感じからも早速そのモチモチ加減が伝わってきました。

半分にするとモチモチの生地と中の小倉餡が交じり合っている層があり、まるで生菓子のようななめらかさがうかがえます。見た目の段階で美味しそう。外側はこんがりとカステラ生地のように焼かれてはいるものの米粉を使った生地のせいか生地自体に透明感があり、餡との境目はお餅のおまんじゅうのように感じるほどです。

食べみてると”さすが看板商品”といった美味しさ。あっさりとしたこし餡と生地の風味が絶妙です。食感は少し『阿闍梨餅』に似た感じがありますが、生地の厚さはこちらの『桐葉菓』の方がちょっとだけ厚いかな、よりモチモチした感触が強いですね。餅粉を使ったモチモチなカステラ生地に小豆餡は定番の間違いないコンビネーションですね。

1個:162円(税込)

広島県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する