新潟県

ゆか里(明治屋ゆかり店)

超ミニチュア”砂糖あられ”は上品さ極まる雅なお菓子

新潟市で明治33年創業の『明治屋ゆかり店』さん、このお店の『ゆか里(り)』は非常に伝統深いお菓子ですが、いまはこの『明治屋ゆかり店』のみで製造されている砂糖菓子です。

もち米で作った粒状のあられを、砂糖をかけながら大きな窯でぐるぐると回転させる工程を繰り返し作られます。新潟でも非常に歴史の深い伝統菓子とのことです。

この形状から「金平糖とは違うの?」とお思いの方も多いと思いますが、この『ゆか里』は形こそ金平糖そっくりですが、実は全然違うお菓子なのです。中には小さな”あられ”が入っており、その周りを砂糖が固めています。

こんな形、お湯に溶いて食べるのが一般的な食べ方ということでしたが、私はそのままポリポリ食べちゃいました。金平糖はお砂糖の塊ですが、この『ゆか里』は中にあられが入っているので口当たりも軽く、ちょっとスナック感覚でいただけます。もちろん上品な砂糖の味付けなのでボリボリ食べるお菓子といった感じではありませんが、それこそ金平糖のようにお茶請けとしても最高のお菓子だと思います。

一粒がこのサイズ、かわいいです。中にしっかりとあられが入っているところに伝統の技巧を感じます。ちなみに今回買ってきたのは”抹茶味”ですが、他にも9種類の味があるようです。”ショウガ味”があるらしいので今度見かけたときには絶対そちらをゲットしてお湯にとかしていただこうと思います。ショウガ×砂糖×白湯に浮いたあられ、絶対に美味しいでしょう。

1袋(20g):128円(税込)

新潟県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する