大分県

別府のたまご

別府のたまご

別府温泉街の温泉卵をモチーフにしたチョコ饅頭

大分県の別府といえば日本有数の温泉地として有名ですが、現地では各温泉ごとにさまざまな”温泉卵”も作られています。『別府のたまご』は、そんな別府名物の温泉卵をモチーフにして作られたホワイトチョコレートで包まれたおまんじゅうです。

別府のたまごの個別包装

和紙に包まれたパッケージには真ん中に”たまご”と可愛い文字で書かれ、実際の卵よりも一回り小さいサイズです。

別府のたまごの見た目

ホワイトチョコレートに包まれた卵型そのままの形。この見た目、岩手県の銘菓かもめの玉子を連想させる外観ですが、半分に切ってみると、中身のスタイルがかもめの玉子とはかなり異なります。

別府のたまごの断面

カステラ生地のボリュームがあり、餡が四角い形状で入っています。黄身餡やカステラ生地には大分県産のこだわりの卵100%使用して作られているとのことで、鶏が生活に根ざしている大分県ならではのこだわりの素材を活かして作られています。

別府のたまごを食べてみる

食べてみると中身のカステラと黄身餡はしっかりとたまご感を味わえる風味で、周りをコーティングしているホワイトチョコレートとバランス良く混ざり合って美味しいです。コロコロと可愛いカステラ饅頭ですが、満足感のあるおまんじゅう。

別府のたまごの箱パッケージ

こちらは4個入りの箱。500円以内で買えるというのも嬉しいポイントです。おみやげにちょうどいいサイズ感だと思いました。

1箱(4個入):490円(税込)

大分県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する