福島県

もも棒

もも棒

こんなことが可能なのか、桃味の棒スナック

福島県会津若松市の株式会社幸泉さんが作る『もも棒』を買ってきました。福島駅のキオスクで売っていて、この形状はもしや”ご当地棒スナックシリーズ?”と思い手に取ったのですが、まさか”もも味”で作られているとは信じがたいと思いつつ、やはり購入してしまいました。

もも棒のパッケージ

パッケージには「ピーチソルト仕立て」と書いてありますが、「ピーチソルトってなんだっけ?」と思いつつ、棒スナック菓子に桃の味だなんて、そんなまさかと思いながら開封しましたが、やはりそこには間違いなく棒スナックが入っているのでした。

もも棒の見た目

日本人にはお馴染みの形状ですね。匂いを嗅いでみるとかなり強めの桃の香りがします。ピーチソルトのパウダーが振りかけられているのだな、、と頭では理解できますが「なぜ棒スナックに、、」という思いもよぎります。

もも棒を食べる

勇気をもって一口食べてみたのですが、、そんなに違和感なく食べられました。なんというか、案外美味しい。かなり味にまとまりがあると言いますか「ピーチソルト、ありだな」と思わせる仕上がりになっていました。福島のおみやげとしてユニークで思い出に残ること請け合いの『もも棒』見かけたら是非一度お試しください。

1本:35円(税込)

福島県のおみやげ一覧

このお菓子への思い出やエピソードを投稿する